2018年11月17日

雲を眺めに逗子海岸 No.1325/2018.11.16(金)

1325-18-11-16_DP0Q6218.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

暖かい一日。
浜辺に出ると、冬の匂いがした。
冷えた香ばしさ、といったらいいのか。
富士の頭がだいぶ白くなった。
冬の眠りにつく支度のように見える。

立冬/次候(56候:11月12〜16日)
地、初めて凍る。
日の出  6:17(前日  6:16)
日の入 16:35(前日 16:35)

posted by サンシロウ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年11月16日

2018年3月・新刊のご案内:『雲を眺めて、七十二候』

表紙-B_SDIM9644.jpg
(カバー画像>写真をクリックすると拡大します)

 ついに、「雲を眺めて逗子海岸」のブログが本になりました。
 発売元は、英治出版で、アマゾンや全国主要書店で販売中。
 本の仕様は、以下のとおりです。

  ● 二十四節気・七十二候の暦と、各候に撮影した写真を見開きで掲載
  ● 14年間に撮影した7万枚の写真から、82枚を厳選して掲載
  ● 総頁は168頁で、カラー印刷
  ● 高品質の本文用紙やカバー用紙を使用。
  ● 製本様式は、ノドがぴたっと開く、人気のコデックス装
  ● 日記あるいは手帖として書き込めるスペースを用意

 写真集としてご覧になるだけでなく、自分だけの日記帳、暮らしの手帖として、
 ぜひご利用ください。以下に、本文・見開き画像を紹介します。

本文-B_SDIM9645.jpg
(本文画像>写真をクリックすると拡大します)

トビラ-B_SDIM9634.jpg
(中トビラ画像>写真をクリックすると拡大します)
posted by サンシロウ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■書籍のご案内

2018年11月11日

雲を眺めに逗子海岸 No.1324/2018.11.11(日)

1324-18-11-11_DP0Q6140.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

立冬の初候も、きょうでおわり。
暖かい日がつづくが、夕空は冬の色が濃くなってゆく。
青がなんともいえず、味わい深い。
西南の空に、久しぶりに三日月を見た。

立冬/初候(55候:11月7〜11日)
山茶、初めて開く。
日の出  6:12(前日  6:11)
日の入 16:38(前日 16:39)

posted by サンシロウ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年11月09日

雲を眺めに逗子海岸 No.1323/2018.11.8(木)

1323-18-11-08_DP0Q6053.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

立冬に入った。
ついこの間まで猛暑にあえいでいたはずなのに。
単に記憶が飛んでいるだけかもしれないが。
とはいえ、気温は平均よりずいぶん高いそうだ。
寒ブリが出始めたそうだ。
冬は魚が美味しくなる。
冬は冬を味わうのがたのしい。

立冬/初候(55候:11月7〜11日)
山茶(つばき)、初めてひらく。
日の出  6:10(前日  6:09)
日の入 16:41(前日 16:42)

posted by サンシロウ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年11月05日

雲を眺めに逗子海岸 No.1322/2018.11.5(月)

1322-18-11-05_DP0Q5959.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

ぽつぽつと雨が降っていたので、散歩のつもりで海岸へ。
海岸へでると雨は止まっていて、雲の切れ間から夕焼けがもれてくる。
朝夕で寒暖の差がそれほどなく、過ごしやすい一日。

霜降/末候(54候:11月2〜6日)
楓、蔦、黄ばむ。
日の出  6:06(前日  6:05)
日の入 16:43(前日 16:44)



posted by サンシロウ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年11月03日

雲を眺めに逗子海岸 No.1321/2018.11.3(土)

1321-18-11-03_DP0Q5909.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

日が落ちると、雲がすこしずつ薄くなり、晴れ間がのぞく。
風もなく、静かな夕暮れ。
秋から冬にかけては西日が鋭利になる。
日が落ちてからシャッターを押すことが多くなる。

霜降/末候(54候:11月2〜6日)
楓、蔦、黄ばむ。
日の出  6:04(前日  6:03)
日の入 16:45(前日 16:46)

posted by サンシロウ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年11月01日

雲を眺めに逗子海岸 No.1320/2018.11.1(木)

1320-18-11-01_DP0Q5886.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうは、見事な夕焼けだった。
が、日が落ちてからの余韻も捨てがたい。
波打ち際に残光が映りこみ、それを波が洗い流すのは見飽きることがない。
きょうで霜降の次候もおわり、明日から末候だ。
来週には、立冬に入る。

霜降/次候(53候:10月28〜11月1日)
小雨、ときどき降る。
日の出  6:02(前日  6:01)
日の入 16:47(前日 16:48)

posted by サンシロウ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月31日

雲を眺めに逗子海岸 No.1319/2018.10.31(水)

1319-18-10-31_DP0Q5801.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

風もなく、おだやかな夕暮れ。
海は凪いでいたが、足の長い波が打ち寄せる。
暑くもなく寒くもなく、10月の最後の日が過ぎてゆく。
冬の匂いがずいぶんと濃くなってきた。

霜降/次候(53候:10月28〜11月1日)
小雨、ときどき降る。
日の出  6:01(前日  6:01)
日の入 16:48(前日 16:49)

posted by サンシロウ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月29日

雲を眺めに逗子海岸 No.1318/2018.10.29(月)

1318-18-10-29_1730-DP0Q5724.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

今日は 風が やや強かった。
まさに 冬の嵐の予行演習だ。
もうすぐ立冬だが 立冬とは 立春、立夏、立秋とおなじく
支度のお知らせではないだろうか。
そろそろ冬の出番になるので 本格的に寒くなる前に 準備を始めてください、
そんな呼びかけの日にちがいない。

霜降/次候(53候:10月28〜11月1日)
小雨、ときどき降る。
日の出  6:00(前日  5:59)
日の入 16:50(前日 16:51)

posted by サンシロウ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1317/2018.10.28(日)

1317-18-10-28_DP0Q5707.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

秋らしい澄んだ夕空。
海は静かだが、ときおり、波が足下まで伸びてくる。
深まる秋とおなじように、空も夕陽も濃くなってゆく。
霜降の次候に入った。
あと数日もすると、立冬を迎える。

霜降/次候(53候:10月28〜11月1日)
小雨、ときどき降る。
日の出  5:59(前日  5:58)
日の入 16:51(前日 16:52)

posted by サンシロウ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸