2019年08月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1412/2019.8.16(金)

1412-19-08-16_DP0Q2198.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

ほぼひと月ぶりに海岸へ。
海岸中央では、黒紗の法衣を着たお坊さんが何人も。
精霊流しがおこなわれていたようだ。

波、風、ともにやや強く、台風の残り香といったあんばい。
陽が沈むころ、少しだけ、夏の青いそらが茜色に染まった。

猛暑がつづいているが、夜半に、廊下の網戸から、
時折、ひんやりした風が入ってくる。
すでに立秋も次候で、夏至のころにくらべると
昼間が一時間とすこし、短くなっている。
七十二候では、ヒグラシのことを「寒蝉」と書く。
すっかり忘れていた。

立秋/次候(38候:8月13〜17日)
寒蝉、鳴く。
日の出  5:01(前日  5:00)
日の入 18:30(前日 18:31)
posted by サンシロウ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年3月・新刊のご案内:『雲を眺めて、七十二候』

表紙-B_SDIM9644.jpg
(カバー画像>写真をクリックすると拡大します)

 ついに、「雲を眺めて逗子海岸」のブログが本になりました。
 発売元は、英治出版で、アマゾンや全国主要書店で販売中。
 本の仕様は、以下のとおりです。

  ● 二十四節気・七十二候の暦と、各候に撮影した写真を見開きで掲載
  ● 14年間に撮影した7万枚の写真から、82枚を厳選して掲載
  ● 総頁は168頁で、カラー印刷
  ● 高品質の本文用紙やカバー用紙を使用。
  ● 製本様式は、ノドがぴたっと開く、人気のコデックス装
  ● 日記あるいは手帖として書き込めるスペースを用意

 写真集としてご覧になるだけでなく、自分だけの日記帳、暮らしの手帖として、
 ぜひご利用ください。以下に、本文・見開き画像を紹介します。

本文-B_SDIM9645.jpg
(本文画像>写真をクリックすると拡大します)

トビラ-B_SDIM9634.jpg
(中トビラ画像>写真をクリックすると拡大します)
posted by サンシロウ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■書籍のご案内

2019年07月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1411/2019.7.19(金)

1411-19-07-19_DP0Q2182.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

ひさしぶりの撮影。
梅雨がつづいて、どんよりとした空模様や雨の日々。
それもまた味わい深い。
晴れがつづけば雨がほしいといい、曇りがつづけば晴れ間をこいねがう。
人は、自然がじぶんの思うとおりにいかないと、へそを曲げる。
晴れ間はのぞかずとも、じっとしていると汗がにじんでくる。
夏は夏である。

小暑/末候(33候:7月18〜22日)
鷹すなわち技をならう。
日の出  4:40(前日  4:39)
日の入 18:55(前日 18:55)

posted by サンシロウ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年07月08日

雲を眺めに逗子海岸 No.1410/2019.7.8(月)

1410-19-07-08_DP0Q2110.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

今年の梅雨は、とても梅雨らしい日々になっている。
午後おそく、ひさしぶりに夏らしい青い空を見た。
が、それもほんのつかの間。
夕暮れに海岸へ出てみると、空はほとんど雲におおわれていた。
きのうからすでに小暑に入り、日の出も遅く、日の入りも早くなりはじめたが、
夏はこれからが本番である。

小暑/初候(31候:7月7〜12日)
温風、至る。
日の出  4:33(前日  4:33)
日の入 18:59(前日 18:59)

posted by サンシロウ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年06月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1409/2019.6.28(金)

1409-19-06-28_DP0Q1982.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

台風一過の晴天、とまではいかなかったが、夏らしい青空がのぞく。
逗子は明日から、海の家が開店するとあって、だいぶ出来上がってきた。
日が落ちるころ、北の空に時折、閃光が走る。
垂れこめた雲の下のほうで稲妻が光っていたのだ。
夏が来たという実感がわく。

夏至/次候(29候:6月27〜7月1日)
菖蒲、花咲く。
日の出  4:29(前日  4:28)
日の入 19:00(前日 19:00)

posted by サンシロウ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年06月26日

雲を眺めに逗子海岸 No.1408/2019.6.25(火)

1408B-19-06-25_DP0Q1928.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

梅雨の中休み。
夏らしい青空が広がる。
浜辺を歩いていたら、懐かしい匂いが漂ってくる。
なにかと思ったら、材木の匂いだ。
それも、中古の材木、時の流れが染みこんだ材木の匂い。
海の家を建てるのに使う材木の匂いが、古い記憶をたぐり寄せる。

夏至/初候(28候:6月22〜26日)
乃東(なつかれくさ)、枯るる。
日の出  4:28(前日  4:27)
日の入 19:00(前日 19:00)

posted by サンシロウ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年06月24日

雲を眺めに逗子海岸 No.1407/2019.6.24(月)

1407-19-06-24_DP0Q1890-02.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

昨夜半から雨の音がした。
夕方、すこし晴れ間がのぞく。
浜の砂がしっとりと水分を含んで、歩きにくいが、いい運動になる。
浅瀬に、遊泳ブイが設置されて、じっと浮いている。
浜辺は人も少なく、ひっそりとしている。
闇が降りてくるようすをぼんやり眺める。

夏至/初候(28候:6月22〜26日)
乃東(なつかれくさ)、枯るる。
日の出  4:27(前日  4:27)
日の入 19:00(前日 18:59)

posted by サンシロウ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年06月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1406/2019.6.22(土)

1406-19-06-22_DP0Q1610.jpg
(18:11撮影/写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)


1406-19-06-22_DP0Q1737.jpg
(19:06撮影/写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

夏至を迎えた。
空は荒れ模様で、雲が元気に流れてゆく。
撮影していたら、ぽつりぽつりと雨粒が落ちてきて、やがて夕立になった。
夏至の、まさに夏にふさわしい夕立に、こころ浮き立つ。
かろうじてトタン屋根をつけた海の家で雨宿り。
三十分もすると夕立があがり、黒や青や紫や桃色の雲が行き交う。
夏至の出来ばえとして、これ以上の空があるだろうか。

夏至/初候(28候:6月22〜26日)
乃東(なつかれくさ)、枯るる。
日の出  4:27(前日  4:27)
日の入 18:59(前日 18:59)

posted by サンシロウ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年06月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1405/2019.6.20(木)

1405-19-06-20_DP0Q1582.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

静かで、しっとりとした夕べ。
暑くもなく、涼しくもないが、すこし湿っている。
青と灰色がまざったなかに、薄い桃色が浮いている。
夏に至ろうとしている。

芒種/末候(27候:6月16〜21日)
梅の実、黄ばむ。
日の出  4:26(前日  4:26)
日の入 18:59(前日 18:59)

2019年06月17日

雲を眺めに逗子海岸 No.1404/2019.6.17(月)

1404-19-06-17_DP0Q1497.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

静かな夕暮れ。
北の空に雲がかたまっているが、しだいに薄く消えてゆく。
昼間が最も長くなる日、つまり夏至が夏の頂点だとするなら、
あと数日で夏の頂点を迎える。
数秒だが、すでに日の出の時刻が遅くなりはじめた。
だが、夏はこれからが本番、ということになっている。
海の家の造作がすすむ。

芒種/末候(27候:6月16〜21日)
梅の実、黄ばむ。
日の出  4:26(前日  4:26)
日の入 18:58(前日 18:58)

posted by サンシロウ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸