2016年12月30日

雲を眺めに逗子海岸 No.1135/2016.12.29(木)

1135-16-12-29-SDIM6790.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

日中は強い風が吹き渡っていたので、夕方はどんな雲がでるだろうかと期待した。
ところが。夕方、風は収まり、雲はどこかへ行ってしまった。
こういうときは、富士と砂紋に語りかけるしかない。

海は母で、年末は忙しく立ち働いている。
山は父で、ただ座して虚空を見上げている。
雲は子で、あっという間に、どこかへ遊びに行ってしまった。
浜辺は、年末であろうと、泰然自若にふるまっている姿がたのもしい。
私も、そんな人になりたい。

仲冬/冬至/次候(65候:12月26〜30日)
大鹿の角、落つる。
日の出  6:50(前日  6:50)
日の入 16:38(前日 16:37)

posted by サンシロウ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178212444

この記事へのトラックバック