2017年01月11日

雲を眺めに逗子海岸 No.1142/2017.1.11(水)

1142-17-01-11-DP0Q5533.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

すっかり闇に包まれているのに、ぐずぐずと浜辺に長居している。
冬の空にまたたく星が美しいからだ。
今日は満月だが、まだ東の空に浮かんでいるので、
振り返って真上を見ないと拝めない。
遠い宇宙の星々を眺めていると、なんだか、
地球に暮らしている人類が、愚かな生き物に思えてくる。

テレビでは、寒波の南下を盛んに取りあげているが、今は小寒。
ほどなく大寒となる。つまり、一年で、最も寒い時節なのだから、
寒くて当然だ。

晩冬/小寒/次候(68候:1月10〜15日)
水泉動:大地の下で凍った泉が動きはじめる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:48(前日 16:47)

posted by サンシロウ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178370089

この記事へのトラックバック