2017年02月12日

雲を眺めに逗子海岸 No.1159/2017.2.12(日)

1159-17-02-12_DP2-7108.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill)

今日も風が冷たかった。
夕暮れの海も、冬の色に染まった。
今日から立春の末候にはいる。
毎度のことながら、時の過ぎゆく早さに首をふる。
このまえ新年(立春)を迎えたと思ったら、すでに第3候。

今度、二十四節気の写真付き暦本を出版する予定だ。
そこで、写真を選んでいるところだが、
1候あたり20日分の写真が保存されている。
つまり、1日平均が約50枚として、
1000枚のなかから1枚を選ぶ作業をしているのだ。
とはいえ、下手な写真ばかりで、うんざりしたり、
気が遠くなったりしつつ、1年のさまざまな季節の
あちらこちらを飛び回るのは、とても面白い。
これは、季節のタイムスリップではないか。

今日は、立夏の写真を選ぶところだ。
立夏といっても、5月6日だから、春たけなわの頃。
一足先に、春を満喫しよう。

早春/立春/末候(3候:2月13〜17日)
魚上氷:割れた氷のあいだから魚が跳ねる
日の出  6:31(前日  6:32)
日の入 17:20(前日 17:19)
posted by サンシロウ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178750057

この記事へのトラックバック