2017年02月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1164/2017.2.18(土)

1164-17-02-18_DP0Q-7497.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

荒天は収まったが、うねりは、まだ少し残っている。
気象予報で言うほど寒くはならなかったが、気温はだいぶ下がった。
これから春分にかけて、ひと雨ごとに暖かくなってゆくのだろう。
雲が低く垂れ込め、波との競演が味わい深かった。

表計算ソフトで、二十四節気・七十二候の暦を自作して使っているが、
まだ慣れないせいか、曜日がわからなくなる。
グレゴリオ暦の一週間のパターンが崩れ、一日が長く感じる。
気のせいだろうが。
今日から、雨水(うすい)に入った。
雨の粒がやわらかくなり、木々が芽吹く季節を迎えた。

早春/雨水/初候(4候:2月18〜22日)
土脉潤起:雨が降り、土が湿り気をおびる
日の出  6:25(前日  6:26)
日の入 17:26(前日 17:25)

posted by サンシロウ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178812287

この記事へのトラックバック