2017年04月29日

雲を眺めに逗子海岸 No.1186/2017.4.29(土)

1186-17-04-29_DP2-SDIM7680.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

風と波がやや強い夕暮れ。
空は、なかば、灰青色の雲に覆われていた。
春の海、という言い方にふさわしい色合いだった。

昼間、天気がよかったので、懸案となっていた本棚組立に取りかかった。
コミック用の本棚で、左右60×天地90×幅17センチが2本。
電動ドリルのおかげで、1時間もかからずに完成。
四六判なら、問題なく収納できる。

そういえば、インターネットで、仏文研究者の桑原武夫の蔵書1万数千冊を廃棄処分にした図書館の副館長が減給処分を受けたという記事を見かけた。副館長は、桑原さんの蔵書の大半が一般の蔵書と重複していたので、目録を保存しておけばよいと考えらしいが、なんだか、少し同情してしまった。たしかに、先達の研究の道筋は貴重なものだろうが、果てしなく増えてゆく蔵書を管理するのは、どれほど大変なことか。白い化粧板の、完成した空っぽの本棚を見ながら、焼け石に水だなあとため息が出てくる。この本棚には、さいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」を190冊ちかく収納することになっているのだが・・・。

晩春/穀雨/次候(17候:4月25〜29日)
霜やんで、苗いずる。
日の出  4:52(前日  4:53)
日の入 18:26(前日 18:25)

posted by サンシロウ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179592714

この記事へのトラックバック