2017年05月29日

雲を眺めに逗子海岸 No.1198/2017.5.29(月)

1198-17-05-29_DP0Q-9273.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

初夏らしい一日。
爽やかな風が吹き抜け、白い雲がゆっくりと流れてゆく。
午後三時、歯医者へ出かける。
路地に差す陽の光が、丸みをおびて、静止している。
光が止まると時の流れも止まっているように見える。
時の流れが止まるということは、永遠がそこにある、ということだろうか。
なんの変哲もない路地にも永遠が立っていることに気づいた。
夕方、雲はゆっくりと流れはじめ、ふたたび時が流れはじめた。

初夏/小満/次候(23候:5月26〜30日)
紅花、栄う。
日の出  4:29(前日  4:29)
日の入 18:49(前日 18:49)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179897127

この記事へのトラックバック