2017年06月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1208/2017.6.19(月)

1208-17-06-19_DP0Q-9914.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

波はすこしうねっていたが、静かな夕暮れ。
雲は、すべて出払ってしまい、空も閑散としている。
ふわりと晩春のような色合いだったが、青の濃さは夏のものだ。

きのうは久しぶりに雨が降り、草木が元気を取り戻したように見えた。
あさっては、とうとう夏至をむかえる。
一年の重要な里程標となるのが、春分、秋分、夏至、冬至の4つで、
二至二分と言われている。
昼間、夏の匂いーー草木の香ばしい匂い、乾いた土の匂い、
太陽に焼かれた大気の匂いーーがそこかしこに漂うと、
ふと小学生のころにタイムスリップしたような気分になる。
匂いの記憶とは、不思議なものだ。
マドレーヌの味には、なんの記憶もないが。

仲夏/芒種/末候(27候:6月16〜20日)
梅の実、黄ばむ。
日の出  4:26(前日  4:26)
日の入 18:59(前日 18:59)

posted by サンシロウ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180096417

この記事へのトラックバック