2018年12月01日

雲を眺めに逗子海岸 No.1330/2018.12.1(土)

1330-18-12-01_DP0Q6527.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

師走に入った。
締めくくりの号砲のような、見事な夕焼け。
こんなときは、ただひたすら、「ああ」とか「うー」とか、
ため息しか出てこない。
チコちゃんに叱られそうだ。

こういう景色を人に言葉で伝えようとすると、
多くのものが抜け落ちていって、陳腐な表現になる。
写真は、その点で、便利な表現手段だと、あらためて思う。
12月にしては暖かいので、いつまでも浜辺に居すわりたくなる。
こんな夕空を見たときはきまって、一期一会という言葉が頭に浮かぶ。

小雪/次候(59候:11月27〜12月2日)
朔風(きたかぜ)、木の葉を払う。
日の出  6:31(前日  6:31)
日の入 16:29(前日 16:29)

posted by サンシロウ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185109919

この記事へのトラックバック