2019年02月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1366/2019.2.16(土)

1366-19-02-16_DP0Q8843.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒さが少しゆるんだ。
きょうも、海は静かだ。
雲のすきまから夕陽が顔をだした。
夕陽があっという間に沈んでゆく。
いつも感じるのは、太陽は、つまり地球は、おもいのほか
早く回っているということだ。
もし自転がとまったなら、ぼくらは一日をどう区切るのだろうか。
永遠につづく昼だけの世界、夜だけの世界。

立春/末候(3候:2月14〜18日)
魚、氷を上る。
日の出  6:28(前日  6:29)
日の入 17:24(前日 17:23)

posted by サンシロウ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185562856

この記事へのトラックバック