2020年01月05日

雲を眺めに逗子海岸 No.1428/2020.1.5(日)

1428-20-01-05_DP0Q3271-C.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

雲はほとんどなく、手持ちぶさたなので、富士のようすをうかがう。
寒さで縮んでいるかのよう。
小さな長くのびる波のせいで、波打ち際に面白い砂紋が広がる。
冬至も今日で終わり。
明日から小寒で、そのあとの大寒と、七十二候も残すところあとふたつ。
立春がもうそこまで来ているが、これから寒さの本番をむかえる。

冬至/末候(66候:1月1〜5日)
雪わたりて、麦のびる。
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:42(前日 16:41)

posted by サンシロウ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187000043

この記事へのトラックバック