2020年08月31日

電子書籍のご案内>2020年8月14日
『雲を眺めて、七十二候』

fb-cover.jpg

●●


小説『キリエの誕生』につづき、『雲を眺めて、七十二候』も電子書籍版が発売されました。

『雲を眺めて、七十二候』は、72の季節ごとに撮影した逗子海岸の写真を掲載したもので、2018年3月に紙版が刊行されました。

その元になったのが、このブログ <雲を眺めに逗子海岸> です。本ブログは、2008年(平成20年)9月3日」に第1回の連載がはじまり、12年目の現在では「連載1472回」を数えます。

ブログ用に撮影した6万点の写真のなかから82枚ほどを厳選して、写真集+カレンダーとして出版したのが『雲を眺めて、七十二候』です。

1年を、春夏秋冬の4つに分け、さらに、それぞれの季節を6つに分けたものが、春分、夏至、秋分、冬至などの「二十四節気」です。さらにそれを「初候/次候/末候」の3つに分けたものを「七十二候」と呼んでいます。

72の季節に撮影された写真を見ながら、逗子海岸の四季を味わうことができるでしょう。今回の電子書籍版は、価格も、紙版とくらべて大幅に安くなりました。この機会にぜひ、ごらんいただければ幸いです。



●電子書籍
発行日 2020年8月14日
版数  ver.1.0
形式  フィックス型(画像固定型)
修正  ほぼ、紙版に準拠しています
本体価格 500円+税
流通  アマゾンなど、オンライン書店にて

●紙版『雲を眺めて、七十二候』
発行日 2018年3月21日
判型  B6変型判(左右178×天地128mm)
頁数  168頁
本体価格 2,000円+税
posted by サンシロウ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187805702

この記事へのトラックバック