2020年10月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1486/2020.10.18(日)

1486-20-10-18_DP0Q8187.jpg

1486-20-10-18_DP0Q8206.jpg

1486-20-10-18_DP0Q8221.jpg

1486-20-10-18_DP0Q8237.jpg

1486-20-10-18_DP0Q8282.jpg

1486-20-10-18_DP2M1263.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro/SIGMA DP2 Merrill)

きょうから寒露の末候。
夕方は乳白色の雲が張り出してきたので、撮影はやめるかなと思っていたら、
珍しく友だちのシゲさんから電話がくる。なんだろうと思って出ると、
「いま、稲村ヶ崎を車で通っていたら、夕焼けがすごくて、みんな写真を撮ってますよ」
というお知らせだった。お礼を言って、急ぎ、海岸へ。
こういう曇り空で、雲の切れ間のあるときは、けっこう危ない。
危ない、というのは、圧巻の夕焼けになることがある、ということだ。
海岸へでると、やけに人が多い。どうやら日曜日のようだ。
もはや、曜日などという概念が脳から消えていく日々である。
それにしても、寒露から霜降にかけては、美しい夕景になることが多い。
月齢1.3の月が稜線のすぐ上に浮かんでいる。
糸のような三日月だ。漆黒の山に吸い込まれていくまで、眺めていた。

寒露/末候(51候:10月18〜22日)
きりぎりす、戸にあり。
日の出  5:50(前日  5:49)
日の入 17:02(前日 17:04)

posted by サンシロウ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
Posted by アマネ at 2020年10月21日 19:39
湖のような水面を
チェロの低い音が静かに這うような
美しい一日の最後の楽章を聴く
どの写真からも 暮色がハートに沁みてくる
Posted by アマネ at 2020年10月21日 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188039435

この記事へのトラックバック