2020年10月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1488/2020.10.23(金)

1488-20-10-23_DP0Q8414.jpg

1488-20-10-23_DP0Q8422.jpg

1488-20-10-23_DP0Q8431.jpg

1488-20-10-23_DP0Q8460.jpg

1488-20-10-23_DP0Q8490.jpg

1488-20-10-23_DP0Q8504.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうから霜降。
雲の切れ間が赤く染まり、あでやかな夕暮れ。
すこしずつ、炎がおさまり、乳白色の空に消えてゆく。

南の空には、雲のあいだから半月が控えめに顔を出す。
西の空、稜線の近く、カッターで切ったような光が顔を出す。
幻日か、太陽柱だろうか、あるいは、たんなる夕陽の反射なのか。
日が落ち、闇が降りてからも雲はほんのり焼けたまま、棚引いている。
おもしろい。
やはり、霜降の時期の夕暮れは、変化に富んで味わいぶかいものだ。

霜降/初候(52候:10月23〜27日)
霜初めて降る。
日の出  5:55(前日  5:54)
日の入 16:56(前日 16:58)

posted by サンシロウ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188055854

この記事へのトラックバック