2009年10月14日

雲を眺めに宮古島★2009年10月8日(木)

北海道からやってきたシンディのために、
一度くらいシュノーケリングをしようと、イムギャーへ。

台風の余波で、うねりはまだ強かったが、
イムギャーは内湾なので、問題ない。
フィンをつけるツヨシちゃんと、波打ち際にたたずむシンディ。

水はすこし濁っていたが、波間にぷかぷか漂いながら、
クマノミをはじめ、10種類ほどの魚をのんびり眺めていた。


2009-10-08_3414.jpg


天の思し召しか、雲が晴れ、青空が広がっていく。
陽射しは、関東の真夏と同じくらい強い。


2009-10-08_3442.jpg


展望台へ向かい、外海をながめる。
リーフの内側は、思ったより静かだ。


2009-10-08_3459.jpg


2009-10-08_3456.jpg


展望台の屋根の上には、なぜか牛が、東の水平線をみつめている。
意味はよくわからないが、壮観な眺めであることは確かだ。
牛の毅然とした姿勢に感動をおぼえる。


2009-10-08_3462.jpg


それにしても、屈託のない空である。
大地はうららかで、のんびりと陽を浴びている。

とりたてて何もない、こういう風景を見ていると
なぜか子ども時代を思い出し、ほのぼのとしてしまう。


2009-10-08_3463.jpg


宮古の浜辺のどこにも茂っているモンパノキ。


2009-10-08_3465.jpg


イムギャーをあとにして宿へ戻る。
道すがら、ツヨシちゃんが、畑のなかに渋い小屋をみつけ、
車を路肩に停めた。
さすが写真家。視野が広い。


2009-10-08_3478.jpg


人が住んでいたのか、たんなる納屋なのか、判然としない。
にわか雨のときは、重宝するにちがいない。


2009-10-08_3475.jpg

posted by サンシロウ at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに宮古島
この記事へのコメント
あらら、まだ続くのかな。ううむ。
それにしても、いい景色です。あ、マジで。
Posted by ワタナベ at 2009年10月15日 12:05
牛と一緒に、
その風景をずっと眺めていたいです!
Posted by シリウス at 2009年10月17日 06:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32915591

この記事へのトラックバック