2010年02月19日

天音画集『おかえり』(7)2010年2月19日(金)


天音画集『おかえり』は、いよいよ来週、印刷に入る予定だ。
見本が上がってくるのが、3月2日の予定。

企画の話が出てから5年の歳月が流れた。
感慨、ひとしおである。

天音ファンのみなさんには長いことお待たせしましたが、
ぜひご覧いただければ幸いです。

さて、天音画集『おかえり』には、わずか2枚だけだが、
私の写真も収録させてもらった。
1枚は、宮古島で撮影した月夜の写真。


901_08-12-12_145.jpg
((C) fumio wada)


2008年12月12日に東平安名崎で撮影したもので、
その年、月が最も地球に近づいた日の満月だ。

もう1枚は、逗子海岸の写真で、ブログでも紹介したものである。
これも、同じ月の28日に撮影したもの。


901_08-12-28_095.jpg
((C) fumio wada)


冬晴れの日に特有の、赤、黄土色、黄色、黄緑、緑、青が
重なり合った夕景である。
これほどグラデーションがくっきりと出ているのは、珍しいかもしれない。

上記の2枚を、ここではまったくトリミングしていないで載せた。
天音画集でどのように使われているか、お楽しみいただきたい。
(和田文夫)
posted by サンシロウ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ■『おかえり』/天音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35424868

この記事へのトラックバック