2010年06月30日

★ガイアート・バザールのご案内(3)2010年6月30日

今回のガイアート・バザールでは、私も『孤島の発見』関連の作品を
額装して展示する。

これまでの作品をざっと見直し、いくつか選ぶ作業は、楽しくもあり、
かなり手間のかかる作業でもあった。

時間がたつと、かつて現像したときの感覚がズレてくる。
全体をもっと淡くしようとか、トリミングを微妙に変えようとか、
いわば好みが変わってしまっている。

『孤島の発見』出版後も、たびたび宮古を訪れており、『孤島』に
未収録の作品も、プリントしてみた。

まるで、引っ越しの片づけをしているときに、押し入れの奥に
しまわれていた古い日記帳をおもわず読みふけってしまうような
懐かしき想いに引き寄せられる。

すでにブログでとりあげたものがほとんどだが、
今回額装した写真をいくつか紹介しよう。
すべて、『孤島の発見』未収録の作品だ。


Y-01.jpg
●東平安名崎の灯台をのぞむ 2009年10月6日撮影


Y-02.jpg
●東平安名崎の突端に訪れる大波 2009年10月6日撮影


Y-03.jpg
●東平安名崎から沖合の岩礁をのぞむ 2009年10月6日撮影


Y-05.jpg
●東平安名崎の入道雲にかくれる虹 2009年7月7日撮影


Y-06.jpg
●東平安名崎へいたる道 2009年7月7日撮影


うかつなことに、東平安名崎の写真ばかりだということに気づいた。
この地は、私にとって、いわく言いがたい場所である。
自分が開放される場所、というと大げさすぎるが、
東平安名崎は、いつも深い郷愁を感じさせてくれる。
この記事へのコメント
いかすぜ。
Posted by ワタナベ at 2010年07月01日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39356232

この記事へのトラックバック