2011年02月27日

雲を眺めに逗子海岸 9(496)2011.2.27(日)

496-11-02-27_4940.jpg


忙しさにかまけていたら、すでに雨水。
冬至から、日の入りも1時間ほど延びている。


496-11-02-27_4983.jpg


気づくと、春がだいぶ勢力を増している。
あの寒い日々を思うと、こころがゆるんでくる。

北国の春がどれほど喜びに満ちているか、
すこし体感できる。

とはいえ、三寒四温の時節だから、行きつ戻りつ。
季節は劇的には変わらない。
すこしずつ、歩幅を確かめるように進む。
だから、味わいがあるのかもしれない。

そして気づけば、こんなに遠くまで、と。
だが、遠くまでやってきても、いま自分のいる場所は、
自分にとても近い場所。

などと、春は春で、かすみのような思いがふくらむ。

雨水/次候(5候:2月24〜28日)
霞、はじめてたなびく
日の出  6:15(前日  6:16)
日の入 17:34(前日 17:33)
posted by サンシロウ at 18:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
>すこしずつ、歩幅を確かめるように進む。
 お、詩人だねえ。
 これからは、詩だよ、詩。
 いい写真です。まるで、詩のように見ることができます。
Posted by ワタナベ at 2011年02月28日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43609948

この記事へのトラックバック