2011年03月25日

2011年3月25日 『パノラマ』

060326.jpg
(C)photo by Masaru Nakamoto

前回、紹介した仲本先生の作品を紹介しよう。
上の作品は、大英博物館の写真をもとに構成した作品だ。
写真をクリックすると、少し大きな写真を見ることができる。

いま編集作業に入っている、この作品集の仮タイトルは、
『メルカトル・パノラマ』である。

地図のメルカトル図法にヒントを得て、360度パノラマの視点を加えて
着想したものだという。

なぜか私は、手塚治虫の『ふしぎな少年』を思い出した。
時間を自在に止めたり動かしたりできる少年のストーリーだが、
その少年が足を踏み入れた4次元空間の光景がふと脳裏に浮かんだのだ。

あるいは、我々の世界認識のあり方、などというと大げさかもしれないが、
我々は世界を断片的に感覚し、それをつなぎあわせて1つに流れているような
世界、あるいはストーリーを構成していることを気づかせてくれる。

さて、どんな具合に本にまとまってゆくか、楽しみである。

posted by サンシロウ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■仲本賢作品集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43990774

この記事へのトラックバック