2014年01月13日

雲を眺めに逗子海岸 No.933/2014.1.13(月)

933-14-01-13-BL-SDIM7418.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)


静かな浜辺。
小さな波のダンスを見ていると、飽きない。
大ぶりな雲が張りだしているが、雲間から淡い光が差し込む。

厳しい寒さがつづくが、今日の浜辺はほんのりと暖かさを感じた。
72候では小寒の次候だが、「地下の凍った泉が動きはじめる時節」ということで、
春の支度が急ピッチで進んでいるのかもしれない。

これから大寒をむかえ、最後の寒気が出番をうかがっているが、
日の入りは最も短いときからすでに20分ほど遅くなり、
気づけば春の到来、となるのだろう。

仲冬/冬至/末候(66候:1月1〜5日)
雪渡りて麦のびる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:49(前日 16:48)
posted by サンシロウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85257512

この記事へのトラックバック