2017年04月25日

雲を眺めに逗子海岸 No.1184/2017.4.25(火)

1184-17-04-25_DP2-7623.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

夕方、強い西風が吹いていた。
その強い風のなか、トンビが群れをなして飛んでいる。
円を描きながら、左へ行ったり右へ行ったり。
何をしているのだろう。
遊んでいるのか、集団で餌を探しているのか。
群れとは別の一匹狼のようなトンビが、私に近づいてきた。
羽ばたかず、風の流れに乗って滑空している。
すこぶる気持ちよさそうだ。
空を飛ぶ装置が、早く出来ないものだろうか。

晩春/穀雨/次候(17候:4月25〜29日)
霜やんで、苗いずる。
日の出  4:57(前日  4:58)
日の入 18:22(前日 18:22)

posted by サンシロウ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年04月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1183/2017.4.23(日)

1183-17-04-23_DP0Q-8552.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

日暮れどき、ほとんど雲がなく、海も凪いでいる。
風は、少し冷たい。
浜でぐずぐずしていたら、北から雲の集団が流れてきた。
家に戻って時計をみたら、午後7時半。
すでに穀雨に入り、日の出は6時を割って、日もずいぶん延びた。
二十四節気では、もうすぐ立夏だ。

晩春/穀雨/初候(16候:4月20〜24日)
葭、初めて生ず。
日の出  4:59(前日  5:00)
日の入 18:21(前日 18:20)

posted by サンシロウ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年04月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1182/2017.4.18(火)

1182-17-04-18_DP0Q-8489.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

久しぶりに、圧巻の夕焼けだった。
気象予報士が、暗い顔で「天気は大荒れになりそうです」というとき、
雲写真愛好家とサーファーは笑顔で、期待に胸ふくらませる。
西風が強く、レンズは潮だらけだが、この空を見ているだけで幸せな気分になる。
海岸にいた人は少ないが、いた人はみな、空にスマートフォンを向けていた。

家に戻り、カメラ2台と三脚を乾いた布でふき、保護フィルターを洗って、
掃除するのは面倒だが、そのあと、写真を整理するのは、至福の時間だ。
作業のときのBGMは、パット・メセニーの「ビヨンド・ザ・ミズーリ・スカイ」が
今日の空によく似合う。とくに、「Our Spanish Love Song」がぴったりだ。

今日の写真は、逗子海岸写真集のすでに選んだ写真と、差し替えることにしよう。
そんなことばかりしていると、出版が遅れるばかりだが。

晩春/清明/末候(15候:4月15〜19日)
虹、初めてあらわる。
日の出  5:05(前日  5:07)
日の入 18:17(前日 18:16)
posted by サンシロウ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年04月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1181/2017.4.16(日)

1181-17-04-16_DP0Q-8473.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうは、春を通り越して、初夏の陽気。
気象情報によれば、7月上旬の気温だという。
とはいえ、夕暮れの海は、まさに春色で、風がやや強く、長袖のフリースを着ていたが、
肌寒いくらいだった。

今、このブログの写真をまとめて、本を出版する準備を進めている。
タイトルはまだ未定だが、

 二十四節気・七十二候で、逗子の海と空を味わいながら
 あなたがつづる四季の手帖

といった内容を考えているところだ。

それにしても、この穏やかな夕暮れを眺めていると、
いまだに戦争で殺し合いをしている人類の愚昧さに呆然とする。

晩春/清明/末候(15候:4月15〜19日)
虹、初めてあらわる。
日の出  5:08(前日  5:09)
日の入 18:15(前日 18:14)

posted by サンシロウ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年04月08日

雲を眺めに逗子海岸 No.1180/2017.4.7(金)

1180-17-04-07_DP2-7517.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP2 Merrill)

突然、春になる。
というのも、朝晩、まだ寒い日がつづくので、
念のために灯油をもう一缶、買いに行くのだが、
突然、ストーブをつけなくなる。
桜は満開に近づいているが、雨が降ったり風が吹いたりしている。
それも春らしい。
春が深まるのは、清明になってから、ということだろうか。

晩春/清明/初候(13候:4月4〜9日)
燕、至る。
日の出  5:20(前日  5:21)
日の入 18:08(前日 18:07)

posted by サンシロウ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月29日

雲を眺めに逗子海岸 No.1179/2017.3.29(水)

1179-17-03-29_DP0Q-8335.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

きのうとは打って変わって、雲はほとんどい姿を見せず。
春色が、ほのぼのと匂う。
日の入りが午後6時を越えた。
明日から春分の末候。
そして、清明、穀雨が過ぎれば、立夏を迎える。

仲春/春分/次候(11候:3月25〜29日)
桜、初めて開く。
日の出  5:33(前日  5:34)
日の入 18:00(前日 18:00)

posted by サンシロウ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1178/2017.3.28(火)

1178-17-03-28_DP0Q-8272.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill>撮影時刻18:13)

久しぶりに海岸へ。
ぽつぽつと雨粒が落ちてくる。
春は、どんよりとした空模様が思いのほか多い。
この時節としては寒いが、さりとて、雨を浴びても、嫌な気はしない。
春雨だからか。

仲春/春分/次候(11候:3月25〜29日)
桜、初めて開く。
日の出  5:34(前日  5:35)
日の入 18:00(前日 17:59)

posted by サンシロウ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1177/2017.3.19(日)

1177-17-03-19_DP2-7436.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill>撮影時刻18:20)

穏やかな夕暮れ。
空はぼんやりと春色に染まった。
明日の春分けを待たず、すでに日中の長さが夜を超えた。
暑さ寒さも彼岸まで、とはよくいったものだ。

仲春/啓蟄/末候(9候:3月15〜19日)
菜虫、蝶となる。
日の出  5:47(前日  5:48)
日の入 17:52(前日 17:51)

posted by サンシロウ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月15日

雲を眺めに逗子海岸 No.1176/2017.3.15(水)

1176-17-03-15_DP2-7378.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill>撮影時刻18:20)

冬のような寒さ。
きょうも雲が低く垂れ込めたが、雲の切れ間が黄金色に染まる。
なかなか春らしい陽気にならないが、この時期はそんなものかもしれない。
春への思いが先走っている。
季節は、いつも急には変わらない。
行きつ戻りつしながら、すこしずつ歩みを進めてゆく。
せっかちなのは、現代人だけかもしれない。
きょうから啓蟄も末候。あと数日で、昼と夜の長さが等しくなる。

仲春/啓蟄/末候(9候:3月15〜19日)
菜虫、蝶となる。
日の出  5:53(前日  5:54)
日の入 17:49(前日 17:48)

posted by サンシロウ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月14日

雲を眺めに逗子海岸 No.1175/2017.3.14(火)

1175-17-03-14_DP2-7330.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill>撮影時刻17:38)

久しぶりの海岸。
雲が低く垂れ込めていたが、海は穏やかだった。
ときおり吹く冷たい春風が、海面にさざなみを立てる。
こういう天気のときは、水平線が妙に鋭利に見える。
庭の地面に、青い草が伸びはじめた。
気づけば、日の出が6時を割っていた。
春は、すでにそこにいるのかもしれない。

仲春/啓蟄/次候(8候:3月10〜14日)
桃、初めて咲く。
日の出  5:54(前日  5:55)
日の入 17:48(前日 17:47)

posted by サンシロウ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月06日

雲を眺めに逗子海岸 No.1174/2017.3.6(月)

1174-17-03-06_DP0Q-8037.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻18:10)

夕方、雨雲が北へ流れると、すこしだけ空が焼けた。
風は弱いが、やや冷たい。
二十四節気は三節、啓蟄に入った。
その声を聞いたのかどうか、
庭の道ばたに、白い花をつけたおしろい花が二つ、三つ。

仲春/啓蟄/初候(7候:3月5〜9日)
巣ごもりの虫、戸を開く
日の出  6:05(前日  6:06)
日の入 17:41(前日 17:40)

posted by サンシロウ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月04日

雲を眺めに逗子海岸 No.1173/2017.3.4(土)

1173-17-03-04_DP2-7278.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、SIGMA DP2 Merrill>撮影時刻18:08)

日中、風はすこし冷たかったが、日向は昨日より、さらに暖かだった。
夕暮れの空は、春のおもむきで、淡い青と桃色に染まる。
きょうで雨水もおわり、明日から啓蟄。
眠りから覚め、土から這い出る頃合いになったきた。

早春/雨水/末候(6候:2月28〜3月4日)
草木、萌えいずる
日の出  6:08(前日  6:09)
日の入 17:39(前日 17:38)
posted by サンシロウ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年03月03日

雲を眺めに逗子海岸 No.1172/2017.3.3(金)

1172-17-03-03-DP0Q-7976.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻18:03)

昼間、風は冷たかったが、日向ではほんわりと暖かい。
夕暮れの海は静かだった。
寒さが少しずつ遠のいていることに気づくと、
啓蟄がやってくる。

早春/雨水/末候(6候:2月28〜3月4日)
草木、萌えいずる
日の出  6:09(前日  6:10)
日の入 17:38(前日 17:37)

posted by サンシロウ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1171/2017.2.28(火)

1171-17-02-28_DP0Q-7870.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻17:48)

静かな夕暮れ。
低い雲の帯が垂れ込めている。
少し暗くなると、細い月が姿をあらわした。
今日から、雨水の末候に入る。

早春/雨水/末候(6候:2月28〜3月4日)
草木、萌えいずる
日の出  6:13(前日  6:14)
日の入 17:36(前日 17:35)

posted by サンシロウ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月27日

雲を眺めに逗子海岸 No.1170/2017.2.27(月

1170-17-02-27_DP0Q-7818.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻17:48)

穏やかな夕暮れだが、冷え込みはけっこうきつい。
雲が張り出し、春の柔らかい色が広がる。
ときおり、海の上を風が吹き抜け、こまかいさざ波が沸き立つ。
明日から、雨水の末候に入る。

早春/雨水/次候(5候:2月23〜27日)
霞、初めてたなびく
日の出  6:14(前日  6:15)
日の入 17:35(前日 17:34)
posted by サンシロウ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月25日

雲を眺めに逗子海岸 No.1169/2017.2.25(土)

1169-17-02-25_DP0Q-7776.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻17:27)

今日も、すこし春めいていた。
指先は、やや冷たかったが。
浜辺に人が多いと思ったら、土曜だった。
穏やかな夕暮れである。

早春/雨水/次候(5候:2月23〜27日)
霞、初めてたなびく
日の出  6:17(前日  6:18)
日の入 17:33(前日 17:32)

posted by サンシロウ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月24日

雲を眺めに逗子海岸 No.1168/2017.2.24(金)

1168-17-02-24_DP0Q-7738.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻17:27)

指先が少し冷たいが、寒さはそれほどではない。
雲が垂れ込めているが、冬とはちがう軽さがある。
すでに雨水の次候に入り、春が少しずつだが、確実に歩みを増している。
打ち寄せる波の紋様が、音の調べのように優雅だ。

早春/雨水/次候(5候:2月23〜27日)
霞、初めてたなびく
日の出  6:18(前日  6:19)
日の入 17:32(前日 17:31)

posted by サンシロウ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月22日

雲を眺めに逗子海岸 No.1167/2017.2.22(水)

1167-17-02-22_DP0Q-7581.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro>撮影時刻17:27)

風はやや強く、気温もやや寒い夕暮れ。
上空は、さぞや強い風が流れているのだろう。
帯状の雲が空を横断している。
穴子が食べたくなった。

早春/雨水/初候(4候:2月18〜22日)
土脉潤起:雨が降り、土が湿り気をおびる
日の出  6:20(前日  6:21)
日の入 17:30(前日 17:29)

posted by サンシロウ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年02月20日

雲を眺めに逗子海岸 No.1166/2017.2.20(月)

1166-17-02-20_DP2-7205.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

この春、三度目の春一だが、今日が最も猛烈だった。
強風で、まっすぐ立っていられない。
浜辺でいた人は、一人だけ。足早に通り過ぎていった。
だが、驚いたのは、ウィンドサーフィンが一艘、出ていたことだ。
なにか、気迫が伝わってくる。

早春/雨水/初候(4候:2月18〜22日)
土脉潤起:雨が降り、土が湿り気をおびる
日の出  6:23(前日  6:24)
日の入 17:28(前日 17:27)

posted by サンシロウ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1165/2017.2.19(日)

1165-17-02-19_DP0Q-7564.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

今日は、冬の冷たさ。
大きな雲が北へ流れてゆく。
明日からの天気予報では、三寒一温だったのが、二寒二温になりそうだ。

早春/雨水/初候(4候:2月18〜22日)
土脉潤起:雨が降り、土が湿り気をおびる
日の出  6:24(前日  6:25)
日の入 17:27(前日 17:26)
posted by サンシロウ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸