2019年05月07日

雲を眺めに逗子海岸 No.1391/2019.5.6(月)

1391-19-05-06_DP0Q0636.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

この冬は寒いと思っていたら、桜の開花になり、
今日から立夏に。
そう思うと、なんだか初夏のような空の色に見えてくる。
時がますます加速しているのか、わが記憶の空間が残り少なくなったのか。

記憶といえば。
大型連休に入る前、米国テレビドラマの「ウエストワールド」を見はじ
めた。お気に入りの脚本家であるジョナサン・ノーランが参加している。

僕がこれまで見た映像ドラマのなかで最も心酔した「パーソン・オブ・
インタレスト」もノーランの作品だが、「パーソン」では、巨大サーバ
に格納されたASI(超人工知能)が主題になっていた。

今回の「ウエスト」では、人工知能は、まさに人間としか思えない精巧
なアンドロイドの脳内に埋め込まれている。ドラマでは、ストーリーの
時間軸が錯綜していて(パーソンでもその手法は多用されていたが)、
見始めたときは、ストーリーを理解するのも困難だった。
つまり、再視聴をうながすのが、ノーランの得意技ではある。

今日で連休も終わるようだが、シーズン1〜2を通して全20話のうち、
残すところ2話となった。もし、ドストエフスキーが現代に生きていた
ら、こんな小説を書いたかもしれないな、とふと思った。
「パーソン」と同じく、また、最初から見直してしまうんだろうな、
と思いつつ、一方で、やっかいな気分でもある。

ひっきりなしに、暴力、殺戮のシーンが出てくるからだ。もちろん、
暴力や権力、現実と真実、自由と死、などが主題だろうから当然かも
しれないが、アメリカ人の暴力への依存というか、嗜好は、異常に見
える。おのれの自由を手に入れるためには、いとも簡単に人を殺す。

敗戦以来、日本はアメリカの文明・文化を後追いし、染まってきたが、
この暴力の問題が、日本のなかでどうのように発現していくのか、
嫌な感じを覚える。

立夏/初候(19候:5月6〜10日)
蛙、初めて鳴く。
日の出  4:45(前日  4:46)
日の入 18:31(前日 18:30)

posted by サンシロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年05月04日

雲を眺めに逗子海岸 No.1390/2019.5.4(土)

1390-19-05-04_DP0Q0556.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

大気が不安定で、午後おそく、雷鳴がとどろく。
夕暮れの頃には雷もおさまり、晴れ間がのぞいた。
明日で穀雨も終わり。
週明けには、とうとう立夏に入る。
夏、来たる、である。

穀雨/末候(18候:5月1〜5日)
牡丹、花咲く。
日の出  4:47(前日  4:48)
日の入 18:29(前日 18:28)

posted by サンシロウ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1389/2019.4.27(土)

1389-19-04-27_DP0Q0468.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

大型連休の初日。
終日雨かと思ったら、夕方、急速に晴れ間が広がる。
冬の服装で海岸へ。
北風が冷たく、指先がかじかむ。
静かな波間に、夕陽を受けて、無数の光が照り返す。

穀雨/次候(17候:4月25〜30日)
霜止んで、苗いずる。
日の出  4:55(前日  4:56)
日の入 18:23(前日 18:22)

posted by サンシロウ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月22日

雲を眺めに逗子海岸 No.1388/2019.4.22(月)

1388-19-04-22_DP0Q0450.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

午後、庭へでると夏の匂いがした。
夏日になったところもあったようだ。
浜へ出ると、ぼんやりと靄につつまれていた。
空と海の境目があいまいで、引き込まれる。
淡い雲といっしょに、うたた寝しそうな気分だ。

穀雨/初候(16候:4月20〜24日)
葭、初めて生ず。
日の出  5:01(前日  5:02)
日の入 18:19(前日 18:18)


posted by サンシロウ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月20日

雲を眺めに逗子海岸 No.1387/2019.4.20(土)

1387-19-04-20_DP0Q0288.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

今日から穀雨。
野の草木をうるおす春の雨が降り注ぐ時節。
だが、雨は、大地だけでなく、人にも動物にもうるおいを与える。
この恵みの候が終わると立夏だ。

穀雨/初候(16候:4月20〜24日)
葭、初めて生ず。
日の出  5:03(前日  5:04)
日の入 18:17(前日 18:17)

posted by サンシロウ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1386/2019.4.18(木)

1386-19-04-18_DP0Q0237.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

淡い雲がふわりと浮かんでいる。
清明という名にふさわしい空模様。
その清明も明日でおわり、穀雨が来る。
連休がおわると立夏だ。
毎年そう思うのだが、夏はふいにやってくる。

清明/末候(15候:4月15〜19日)
虹初めてあらわる。
日の出  5:06(前日  5:07)
日の入 18:16(前日 18:15)

posted by サンシロウ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月13日

雲を眺めに逗子海岸 No.1385/2019.4.13(土)

1385-19-04-13_DP0Q0191.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

引っ掻いたような筋雲は、飛行機雲が残って、雲になったもの。
飛行機雲がずっと残るときは、天気は下り坂になるという。
西へ向かう飛行機のいかに多いことか。
機上の人になり、うりずんの沖縄へ行きたいものだが、それもかなわず、
まえに宮古や読谷へ行ったときの写真など眺めている。

清明/次候(14候:4月10〜14日)
鴻雁、帰る。
日の出  5:12(前日  5:13)
日の入 18:12(前日 18:11)

posted by サンシロウ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月11日

雲を眺めに逗子海岸 No.1384/2019.4.11(木)

1384-19-04-11_DP0Q0076.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

北寄りの風、風速5メートル。
冷たい。
雲が厚く垂れこめ、冬の空になった。
暖かい日がつづいたので、懐かしく感じる。
こんな冬を越してきたんだなあと思う。
モノトーンの世界も味わいがある。

清明/次候(14候:4月10〜14日)
鴻雁、帰る。
日の出  5:15(前日  5:16)
日の入 18:10(前日 18:09)

posted by サンシロウ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月09日

雲を眺めに逗子海岸 No.1383/2019.4.9(火)

1383-19-04-09_DP0Q0042.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

さわやかな風が吹き抜ける。
午後からは、少しずつ雲が張り出してきた。
明日は雨で気温もさがるという。

庭に自生している伽羅蕗の若芽が日増しに伸びてゆく。
いまのうちが柔らかいので、1キロほど収穫して、佃煮にする。
春の匂いが台所にたちこめる。

清明/初候(13候:4月5〜9日)
玄鳥(つばめ)、至る。
日の出  5:17(前日  5:19)
日の入 18:08(前日 18:08)

posted by サンシロウ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月07日

雲を眺めに逗子海岸 No.1382/2019.4.7(日)

1382-19-04-07_DP0Q0007.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

まさに清明にふさわしい淡い色合いの空。
風がやや冷たいが、ここちよいくらい。
短パンの人もちらほら。
清明の次の穀雨が終われば、もう立夏だ。
少し気が早いか。

清明/初候(13候:4月5〜9日)
玄鳥(つばめ)、至る。
日の出  5:20(前日  5:21)
日の入 18:07(前日 18:06)

posted by サンシロウ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年04月05日

雲を眺めに逗子海岸 No.1381/2019.4.5(金)

1381-19-04-05_DP0Q9914.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

久しぶりの海岸。
南西から強い風が吹き、海も荒れていた。
足の長い波が押し寄せ、波打ち際にさまざまな模様があらわれる。
春の風をあび、春をたっぷりと味わう。

春分も終わり、きょうから清明に入った。
春も落ち着いてきて、清々しい陽気のころだ。
沖縄では、うりずんの季節で、さわやかな風が吹き抜ける。

清明/初候(13候:4月5〜9日)
玄鳥(つばめ)、至る。
日の出  5:23(前日  5:24)
日の入 18:05(前日 18:04)

posted by サンシロウ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月26日

雲を眺めに逗子海岸 No.1380/2019.3.26(火)

1380-19-03-26_DP0Q9818.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

風はやや冷たいが、また春らしい空になった。
海は静かで、春色の空がゆっくりと暮れてゆく。
ワカメの子株だろうか、波打ち際に打ち上がっている。

春分/次候(11候:3月26〜30日)
桜、初めて開く。
日の出  5:37(前日  5:38)
日の入 17:57(前日 17:56)

posted by サンシロウ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月24日

雲を眺めに逗子海岸 No.1379/2019.3.24(日)

1379-19-03-24_DP0Q9733B.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

冷たい風がただよう。
空は、冬の色に戻った。
とはいえ、三寒四温より二寒五温というべきだろう。
毎年、桜の時期は、花冷えになる日が多い。
空が明るくなるころ、冬のころより、鳥のさえずりが増えたようだ。

春分/初候(10候:3月21〜25日)
雀、初めて巣くう。
日の出  5:40(前日  5:41)
日の入 17:56(前日 17:55)

posted by サンシロウ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月22日

雲を眺めに逗子海岸 No.1378/2019.3.22(金)

1378-19-03-22_DP0Q9665.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

雲が折り重なるように垂れ下がる。
春の雨をたっぷりとため込んでいる。
大量の水をたたえて、よく空から落ちてこないものだと感心する。

雲の写真を撮りはじめて十数年、
以前だったら見向きもしないような「どんよりとした曇り空」に
大いに惹かれるようになった。
もし毎日、雲ひとつない晴天がつづいたら、
空を眺める愉しさは、まったく消えてしまうのではないかと思う。

春分/初候(10候:3月21〜25日)
雀、初めて巣くう。
日の出  5:43(前日  5:44)
日の入 17:54(前日 17:53)
posted by サンシロウ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1377/2019.3.21(木)

1377-19-03-21_DP0Q9646.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

春の本体がやってきた。
南南西からの強く、生暖かい風、うねる波、とともに。
ときおり、砂塵がふきつけてきて、目をあけていられない。
ようするに、春の祝砲、というべきか。

夜半、庭にでると、十五夜の満月が、強い光を放っていた。
双眼鏡をとってきて、しばらく月を眺める。
ひさしぶりに、クレーターをじっくりと見つめた。

春分/初候(10候:3月21〜25日)
雀、初めて巣くう。
日の出  5:45(前日  5:44)
日の入 17:52(前日 17:53)

posted by サンシロウ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月17日

雲を眺めに逗子海岸 No.1376/2019.3.17(日)

1376-19-03-17_DP0Q9575.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

すっかり春色の空になった。
が、朝晩は、空気がまだ冷たい。
啓蟄の終わりでもあるが、虫たちはまだ起き出す気配がない。
逗子では、きょうで昼と夜の長さが同じになった。
あと数日もすれば、春の本陣がやってくる、はずだ。

啓蟄/末候(9候:3月16〜20日)
菜虫、蝶となる。
日の出  5:50(前日  5:51)
日の入 17:50(前日 17:49)

posted by サンシロウ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月12日

雲を眺めに逗子海岸 No.1375/2019.3.11(月)

1375-19-03-11_DP0Q9505.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

日の出が6時台を割った。
雨の便りが終わって、桃の時節だ。
海は波がやや立っていたが、雲ひとつない夕空。
富士にはまだたっぷりと雪におおわれている。

あの日からもう8年。
まだ8年か。
闇におおわれた静かな浜辺で、黙禱する。

啓蟄/次候(8候:3月11〜15日)
桃、初めて咲く。
日の出  5:58(前日  5:59)
日の入 17:45(前日 17:44)

posted by サンシロウ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月09日

雲を眺めに逗子海岸 No.1374/2019.3.9(土)

1374-19-03-09_DP0Q9362.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

啓蟄に入った。
冷たい日がつづいていたが、きょうは春らしい暖かさ。
海岸は、春の嵐といった風情だ。
横なぐりの風で砂がふりかかり、海からは潮の粒が飛んでくる。
風は冷たくはなく、春がずいぶん力を増してきたように感じる。

啓蟄/初候(7候:3月6〜10日)
巣ごもり虫、戸を開く。
日の出  6:01(前日  6:02)
日の入 17:43(前日 17:42)

posted by サンシロウ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月05日

雲を眺めに逗子海岸 No.1373/2019.3.5(火)

1373-19-03-05_DP0Q9294.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

雨模様、花冷えの日がつづく。
梅の花びらも身を縮めているように見える。
雨を知らせる雨水も今日でおわり。
明日から啓蟄だ。
眠りから起きて、活動をはじめる季節がやってきた。

雨水/末候(6候:3月1〜5日)
草木、萌え動る。
日の出  6:06(前日  6:07)
日の入 17:39(前日 17:39)

posted by サンシロウ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年03月01日

雲を眺めに逗子海岸 No.1372/2019.3.1(金)

1372-19-03-01_DP0Q9233-1.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

雨水も末候に入った。
さすがに雨模様の日が多く、草木たちには目覚めの天水だろう。
沖のほうに目をこらすと、由比ヶ浜に向かって、サーファーが喜びそうな
大きな波が進んでいく。
だが、逗子のほうへは小さな波しかこない。
息の長い小さな波が、ゆっくりと近づいてくる。

雨水/末候(6候:3月1〜5日)
草木、萌え動る。
日の出  6:11(前日  6:13)
日の入 17:36(前日 17:35)

posted by サンシロウ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸