2018年10月28日

雲を眺めに逗子海岸 No.1317/2018.10.28(日)

1317-18-10-28_DP0Q5707.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

秋らしい澄んだ夕空。
海は静かだが、ときおり、波が足下まで伸びてくる。
深まる秋とおなじように、空も夕陽も濃くなってゆく。
霜降の次候に入った。
あと数日もすると、立冬を迎える。

霜降/次候(53候:10月28〜11月1日)
小雨、ときどき降る。
日の出  5:59(前日  5:58)
日の入 16:51(前日 16:52)

posted by サンシロウ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1316/2018.10.23(火)

1316-18-10-23_DP0Q5614.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうから霜降に入った。
そう言われると、なんだか霜降のような夕空に見える。
散らばって要領を得ないような、思い思いに流れているような。
日の入りがどんどん早くなり、浜へ行く時刻についてゆけない。

霜降/初候(52候:10月23〜27日)
霜、初めて降る。
日の出  5:54(前日  5:53)
日の入 16:57(前日 16:58)

posted by サンシロウ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1315/2018.10.21(日)

1315-18-10-21_DP0Q5573.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

みごとに、雲ひとつない晴天。
雲好きにとっては、打つ手なしの夕空だ。
とはいえ、濃紺の空が闇におおわれてゆくのを眺めているのも愉しい。
とうとう、日の入りが午後5時を割った。
夏より、夜が2時間増えている。
秋の夜長には探偵小説がいちばんだ。

寒露/末候(51候:10月18〜22日)
きりぎりす、戸にあり。
日の出  5:52(前日  5:51)
日の入 16:59(前日 17:01)

posted by サンシロウ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月20日

雲を眺めに逗子海岸 No.1314/2018.10.20(土)

1314-18-10-20_DP0Q5533.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

昼間は晴れ間が広がったが、夕方、雲が出てきて、夜半、雨が降り出した。
雷鳴がとどろいたかと思ったら、花火の音だった。
江ノ島の花火大会のようで、音が、なんとなく、しんみりしている。
秋には、花火の音も、そんなふうに聞こえてしまうのだろうか。
夕暮れの青が、なんとも美しい。

寒露/末候(51候:10月18〜22日)
きりぎりす、戸にあり。
日の出  5:51(前日  5:51)
日の入 17:01(前日 17:02)

posted by サンシロウ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1313/2018.10.19(金)

1313-18-10-19_DP0Q5469.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうも雲の多い日だった。
海岸へ行くのが遅くなり、すっかり闇に包まれていた。
雲の切れ間に、ときおり、星がまたたく。
夜の黒い海もいいものだ。

寒露/末候(51候:10月18〜22日)
きりぎりす、戸にあり。
日の出  5:51(前日  5:50)
日の入 17:02(前日 17:03)

posted by サンシロウ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1312/2018.10.18(木)

1312-18-10-18_DP0Q5455.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうも穏やかな夕暮れ。
久しぶりに晴れ間がのぞいた。
雲を見ていたら、エビを追いかけるウツボを想像してしまう。
きょうから寒露の末候に入った。
日の入りの時刻が午後5時を割るのも、もうすぐだ。

寒露/末候(51候:10月18〜22日)
きりぎりす、戸にあり。
日の出  5:50(前日  5:49)
日の入 17:03(前日 17:04)

posted by サンシロウ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月15日

雲を眺めに逗子海岸 No.1311/2018.10.15(月)

1311-18-10-15_DP0Q5365.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

厚い雲に覆われた夕暮れ。
海は鏡のようにひっそりとしている。
とりたてて特長もなく、記憶の奥にしまい込まれるような風景。
だが、人生のほとんどは、いや、1年のほとんどは、
こうしたなんの変哲もない日々の安堵のなかにいるのではないだろうか。

寒露/次候(50候:10月13〜17日)
菊の花、ひらく。
日の出  5:47(前日  5:46)
日の入 17:07(前日 17:08)

posted by サンシロウ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月14日

雲を眺めに逗子海岸 No.1310/2018.10.14(日)

1310-18-10-14_DP0Q5300.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒露の次候に入った昨日から、ずいぶん気温が下がった。
海はおだやかで、南西の空には三日月が浮かんでいた。

先週、用事があって軽井沢へ行ってきたが、さすがに夜は冷え込む。
逗子にいれば12月か1月くらいの体感だ。
中央高速の長坂インターを降りると、「一流の田舎へようこそ」という看板があり、笑った。
たしかに、大気の澄みぐあいが一流だということに気づく。
軽井沢の夜、ひとけのない歩道を歩いていると、
針葉樹の甘くて濃い匂いが立ちこめている。
こんな匂いに囲まれて暮らすのもいいものだ。

寒露/次候(50候:10月13〜17日)
菊の花、ひらく。
日の出  5:46(前日  5:45)
日の入 17:08(前日 17:10)

posted by サンシロウ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月12日

雲を眺めに逗子海岸 No.1309/2018.10.12(金)

1309-18-10-12_DP0Q5241.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

陽が沈んでしばらくすると、西の空が、ほのかに桃色に。
なんだか、春めいた色だが、秋が深まりつつある。
たいていの人は、抜けるような晴天を好むが、
毎日毎日、晴天がつづけば、数日で、人はうんざりしてしまうだろう。
雲や雨があるから、晴天が王座に座っていられるのだ。
私は雲愛好家なので、人が言う「すっきりしない空」も大好きだ。

寒露/初候(49候:10月8〜12日)
鴻雁、きたる。
日の出  5:45(前日  5:44)
日の入 17:11(前日 17:12)

posted by サンシロウ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月10日

雲を眺めに逗子海岸 No.1308/2018.10.9(火)

1308-18-10-09_DP0Q5216.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒露に入った。
海は穏やかで、ゆっくりと秋が深まっていくような気配。
とはいえ、きょうは夏日になったそうで、気まぐれでもある。
季節は移り気のように見えるが、行きつ戻りつ、
平衡をを保とうとしているようにも見える。

寒露/初候(49候:10月8〜12日)
鴻雁、きたる。
日の出  5:42(前日  5:41)
日の入 17:15(前日 17:16)

posted by サンシロウ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月07日

雲を眺めに逗子海岸 No.1307/2018.10.7(日)

1307-18-10-07_DP0Q5075.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

連休のせいか、浜辺には人が多い。
晩夏のような陽気で、すこし汗ばむほど。
でも、日が落ちてからの橙色は、まさに秋の色だ。
あすから、寒露に入る。

秋分/末候(48候:10月3〜7日)
水、初めて涸るる。
日の出  5:40(前日  5:40)
日の入 17:18(前日 17:19)

posted by サンシロウ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月06日

雲を眺めに逗子海岸 No.1306/2018.10.6(土)

1306-18-10-06_DP0Q4994.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

夏至のころとくらべると、日の入りは1時間40分も短くなった。
あさってになれば、寒露に入る。
とはいえ、きょうは、台風による南風のせいか、残暑の陽気だ。
生暖かい、南の匂いがする風が通り過ぎてゆく。
そんなとき、ふいに沖縄が恋しくなる。

秋分/末候(48候:10月3〜7日)
水、初めて涸るる。
日の出  5:40(前日  5:39)
日の入 17:19(前日 17:20)

posted by サンシロウ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年10月02日

雲を眺めに逗子海岸 No.1305/2018.10.2(火)

1305-18-10-02_DP0Q4971.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

浜辺には貝殻が多く打ち上げられていた。
あっけにとられるほど、静かな夕暮れ。
台風のしっぽのような雲がたなびく。

今日で秋分の次候「虫隠れて、戸をふさぐ」が終わる。
ふりかえると、立春が来て、雨水がつづき、啓蟄となるのは3月の上旬だ。
だいぶ春らしくなった頃のことだ。
啓蟄の初候は、七十二候の第七候で、季節のことばは、
「巣ごもりの虫、戸をひらく」である。
虫たちは野外での活動の時期を終え、これから何をするのだろう。

秋分/次候(47候:9月28〜10月2日)
虫隠れて、戸をふさぐ。
日の出  5:36(前日  5:36)
日の入 17:25(前日 17:26)
posted by サンシロウ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年09月27日

雲を眺めに逗子海岸 No.1304/2018.9.27(木)

1304-18-09-27_DP0Q4872.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

久しぶりの秋の夕焼け。
うねりはないが、ときおり、打ち寄せる波が長く伸びてくる。
日が落ちてからも、熾火のように、ゆっくりと赤が残ってゆく。
だいぶ気温も下がり、ほんの少し、冬の匂いがした。
きょうで秋分の初候が終わる。

秋分/初候(46候:9月23〜27日)
雷、すなわち声を収む。
日の出  5:33(前日  5:32)
日の入 17:32(前日 17:33)

posted by サンシロウ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年09月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1303/2018.9.23(日)

1303-18-09-23_DP0Q4802.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうから秋分にはいる。
残暑がすこし戻ってきた。
海はおだやかで、なんとも爽やかな陽気だ。
ちなみに「爽やか」は秋の季語だという。
どちらかというと、立夏(5月上旬)の頃の
そよかぜをそんなふうに感じていたが・・・。

秋分/初候(46候:9月23〜27日)
雷、すなわち声を収む。
日の出  5:30(前日  5:29)
日の入 17:38(前日 17:39)

posted by サンシロウ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年09月22日

雲を眺めに逗子海岸 No.1302/2018.9.22(土)

1302-18-09-22_neu-DP0Q4748.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きょうで白露がおわり、あすから秋分。
ほぼ1週間ぶりに訪れた浜辺に、海の家はあとかたもなく消えていた。
なんだか、ひと夏の記憶は幻影だったような気分になる。
秋の匂いの濃い空には、金星が強い光を放っていた。

白露/末候(45候:9月18〜22日)
玄鳥(つばめ)、去る。
日の出  5:29(前日  5:29)
日の入 17:39(前日 17:41)

posted by サンシロウ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年09月17日

雲を眺めに逗子海岸 No.1301/2018.9.16(日)

1301-18-09-17_DP0Q4741.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

久しぶりに海岸へ。
気づけば、明日から白露の末候である。
日曜のせいか、人が多い。
海の家は、まだ取り壊しが完全に終わっていない。
それが余計に、夏の終わりを感じさせる。
遠い台風のせいだろうか、うねりが強い。
夕空に、秋の色が濃くなってきたようだ。

白露/次候(44候:9月13〜17日)
鶺鴒、鳴く。
日の出  5:24(前日  5:24)
日の入 17:48(前日 17:49)

posted by サンシロウ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年08月26日

雲を眺めに逗子海岸 No.1300/2018.8.25(土)

1300_18-08-25_DP0Q4525.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

久しぶりに海岸へ。
すでに処暑に入ったが、蒸し暑さはいっこうに収まらない。
今年の夏は元気がいい。
日の入りは、夏至のときより40分ほど、短くなっている。
昨日、スーパーマーケットで、はじめて秋刀魚を見た。

処暑/初候(40候:8月23〜27日)
綿のはなしべ、開く。
日の出  5:08(前日  5:07)
日の入 18:19(前日 18:20)

posted by サンシロウ at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年08月08日

雲を眺めに逗子海岸 No.1299/2018.8.7(火)

1299-18-08-07_DP0Q4380.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

夏が去ってしまった。
ニュースでは、災害とまで言われた猛暑が、突然やみ、涼しい風が吹いた。
今日から、立秋。

このところ、七十二候がぴたりと当てはまる。
大暑の7月23日には、それまでで最高の気温になり、
立秋に入ると、急激に気温が下がった。
その意味では、暦どおり、ということになる。

台風が近づいているせいか、雲の動きが速い。
そして、北西へ流れてゆく。
台風が、夏を押し流しているように見えた。

立秋/初候(37候:8月7〜12日)
涼風、至る。
日の出  4:54(前日  4:53)
日の入 18:40(前日 18:41)

posted by サンシロウ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2018年07月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1298/2018.7.23(月)

1298-18-07-23_DP0Q4363.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

猛暑がつづく。
今夏、最も暑い日だというが、七十二候で暮らしていると合点できる。
示し合わせたように、きょうから大暑に入ったからだ。
一年で最も暑い時節。
合点したからといって、涼しくなるわけではない。
でも、「そういう時節なんだ」と割り切ることはできる。

7月は会社の決算の時期でもあるので、妙な気分だ。
夏の開放感を感じながら、高原をオートバイで走り抜ける自らの姿を想像しながら、
扇風機しかない暑い仕事場で、黙々と数字を眺めている。
返品調整勘定の数字を検算しながら、時折、窓の外の入道雲を眺める。
シュールレアリスムというのは、こういうことを言うのだろうか。
やはり、決算期は12月末にすべきだったと毎年思う。

晩夏/大暑/初候(34候:7月23〜7月27日)
桐、初めて花を結ぶ。
日の出  4:43(前日  4:42)
日の入 18:53(前日 18:53)

posted by サンシロウ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸