2017年01月15日

雲を眺めに逗子海岸 No.1144/2017.1.15(日)

1144-17-01-15-SDIM6880.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

冷凍庫のなかにいるような気分だ。
冬の醍醐味。
富士もかなり冠雪しているが、雪の服は暖かそうに見える。
鉄が錆びたような色は、まさに真冬の色だ。

晩冬/小寒/次候(68候:1月10〜15日)
水泉動:大地の下で凍った泉が動きはじめる
日の出  6:50(前日  6:50)
日の入 16:52(前日 16:51)

posted by サンシロウ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月13日

雲を眺めに逗子海岸 No.1143/2017.1.13(金)

1143-17-01-13-DP0Q5545.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

大荒れの海。
これでないと、冬らしくない。
冷え切った烈風、飛び散る砂と潮、保護レンズフィルターは潮粒だらけ、
1秒たりとも浜辺にいたくはないのだが、ぐずぐずいる。
荒れた海を観ていると、だんだん静かな心持ちになってくる。

ちょうど、昼が10時間、夜が14時間となった。
今日から日の出が早まり出した。
日没は、すでに20分近く伸びている。
冬のフィナーレが近づきつつある。

晩冬/小寒/次候(68候:1月10〜15日)
水泉動:大地の下で凍った泉が動きはじめる
日の出  6:50(前日  6:51)
日の入 16:50(前日 16:49)
posted by サンシロウ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月11日

雲を眺めに逗子海岸 No.1142/2017.1.11(水)

1142-17-01-11-DP0Q5533.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

すっかり闇に包まれているのに、ぐずぐずと浜辺に長居している。
冬の空にまたたく星が美しいからだ。
今日は満月だが、まだ東の空に浮かんでいるので、
振り返って真上を見ないと拝めない。
遠い宇宙の星々を眺めていると、なんだか、
地球に暮らしている人類が、愚かな生き物に思えてくる。

テレビでは、寒波の南下を盛んに取りあげているが、今は小寒。
ほどなく大寒となる。つまり、一年で、最も寒い時節なのだから、
寒くて当然だ。

晩冬/小寒/次候(68候:1月10〜15日)
水泉動:大地の下で凍った泉が動きはじめる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:48(前日 16:47)

posted by サンシロウ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月09日

雲を眺めに逗子海岸 No.1141/2017.1.9(月)

1141-17-01-09-DP0Q5476.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

昨夜半から明け方まで、烈風が吹き荒れた。
今日の夕方には、風もすっかり収まり、寒さもすこしゆるむ。
日が落ちると、雲がすこし出てきた。

晩冬/小寒/初候(67候:1月5〜9日)
芹乃栄:芹が、すくすくと伸びる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:46(前日 16:45)

posted by サンシロウ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月08日

雲を眺めに逗子海岸 No.1140/2017.1.7(土)

1140A-17-01-07-DP0Q5366.jpg

1140B-17-01-07-DP0Q5373.jpg

1140C-17-01-07-DP0Q5406.jpg

1140E-17-01-07-SDIM6861.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro、DP2 Merrill)

今日も寒い一日だったが、またしても春色の夕暮れだった。
連休初日のせいか、浜辺は人がかなり出ていたが、
海を歩く犬とか、のんびりと隊列を組んで泳ぐ水鳥とか、
賑わいを見せていた。よく凍りつかないものだと感心する。
用事で出かけて、深夜近くに車で帰宅したが、
帰る途中、海岸道路を通ると、月の河が出ていた。
家に戻ってから、三脚とカメラをかついで、夜の浜辺へ。
ご苦労なことである。

晩冬/小寒/初候(67候:1月5〜9日)
芹乃栄:芹が、すくすくと伸びる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:45(前日 16:44)

posted by サンシロウ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月06日

雲を眺めに逗子海岸 No.1139/2017.1.6(金)

1139-17-01-06-DP0Q5309.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

ほんのり、春のような色にそまった夕暮れ。
華やいだ心持ちになる。
小寒に入って、朝晩は冷え込みがきつい。
が、あとひと月もすれば立春だ。
春はもうすぐそこ。
冬のフィナーレを味わっておきたい。

晩冬/冬至/末候(67候:1月5〜9日)
芹乃栄:芹が、すくすくと伸びる
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:44(前日 16:43)

posted by サンシロウ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月03日

雲を眺めに逗子海岸 No.1138/2017.1.3(火)

1138-17-01-03-DP0Q5293.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

気温10度、北東の風3メートル。
指先は冷たいが、暖かいほうかもしれない。
こころなし、春の色合いがする夕暮れ。
最近、日が落ちたあと、だいぶ時間をおいてから撮影したものが多い。
長時間露光になるが、海面が鏡のように滑らかになるが、
雲の流れるさまがあらわになる。
肉眼で見える世界ではないから、真を写していることにはならないが、
肉眼で見えている世界が正しいかというと、そうともかぎらない。
そこに、絵や写真の面白さがあるのだろう。

仲冬/冬至/末候(66候:12月31〜1月4日)
雪わたりて、麦のびる。
日の出  6:51(前日  6:51)
日の入 16:41(前日 16:40)

posted by サンシロウ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2017年01月01日

雲を眺めに逗子海岸 No.1137/2017.1.1(日)

1137-17-01-01-DP0Q5128.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

暖かい元旦。
見事に雲ひとつない晴天。
海もおだやかで、細い月が南の空に浮かんでいる。
海岸には、大勢の人が夕陽を拝みに来ていた。
一年に一度しか来ない人も、きっといるのだろう。
冬至も末候に入った。
冬の澄んだ大気が、なにか、古い記憶を呼び覚ます。

最近は、二十四節気の信奉者となったので、
立春の二月四日を年の始まりとしている。
この時期のテレビは、究極のバカ騒ぎを繰り返しているので、
DVDを見ることが多い。
今日は、久しぶりに「コーラスライン」を観ることにする。

仲冬/冬至/末候(66候:12月31〜1月4日)
雪わたりて、麦のびる。
日の出  6:51(前日  6:50)
日の入 16:40(前日 16:39)

posted by サンシロウ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月30日

雲を眺めに逗子海岸 No.1136/2016.12.30(金)

1136-16-12-30-DP0Q5039.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

静かな夕暮れだった。
這うような雲が長く棚引いている。
それほど寒くはないが、指先に息をかけたくなる。
明日から、冬至も末候に入る。

仲冬/冬至/次候(65候:12月26〜30日)
大鹿の角、落つる。
日の出  6:50(前日  6:50)
日の入 16:39(前日 16:38)

posted by サンシロウ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1135/2016.12.29(木)

1135-16-12-29-SDIM6790.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

日中は強い風が吹き渡っていたので、夕方はどんな雲がでるだろうかと期待した。
ところが。夕方、風は収まり、雲はどこかへ行ってしまった。
こういうときは、富士と砂紋に語りかけるしかない。

海は母で、年末は忙しく立ち働いている。
山は父で、ただ座して虚空を見上げている。
雲は子で、あっという間に、どこかへ遊びに行ってしまった。
浜辺は、年末であろうと、泰然自若にふるまっている姿がたのもしい。
私も、そんな人になりたい。

仲冬/冬至/次候(65候:12月26〜30日)
大鹿の角、落つる。
日の出  6:50(前日  6:50)
日の入 16:38(前日 16:37)

posted by サンシロウ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月27日

雲を眺めに逗子海岸 No.1134/2016.12.27(火)

1134-16-12-27-SDIM6716.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

南西の風が、生暖かい。
海は大荒れで、波間にサーファーがたくさん浮いている。
日が落ちるころには、北寄りの風となり、少し冷たくなってきた。
冬至も次候に入り、日の入りの時刻が伸びている。
七十二候も残り七つとなった。

仲冬/冬至/次候(65候:12月26〜30日)
大鹿の角、落つる。
日の出  6:49(前日  6:49)
日の入 16:37(前日 16:36)
posted by サンシロウ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月24日

雲を眺めに逗子海岸 No.1133/2016.12.24(土)

1133-16-12-24-SDIM6671.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

すこし寒さが戻ったようだ。
海のうねりは、やや強かった。
日が落ちてしばらくしてから、西のそらが桃色に染まった。
なんだか、とても暖かな気分になる桃色だ。

仲冬/冬至/初候(64候:12月21〜25日)
夏枯草、生ず。
日の出  6:48(前日  6:48)
日の入 16:35(前日 16:34)

posted by サンシロウ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1132/2016.12.23(金)

1132-16-12-23-DP0Q4871.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

荒れ模様の夕暮れ。
烈風と生暖かさで、春一番のような天候。
レンズの前に取り付けた保護フィルターには、潮の粒がびっしりと付着する。

仲冬/冬至/初候(64候:12月21〜25日)
夏枯草、生ず。
日の出  6:48(前日  6:48)
日の入 16:34(前日 16:34)

posted by サンシロウ at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1131/2016.12.21(水)

1131-16-12-21-SDIM6638.jpg
1131-16-12-21-DP0Q4848.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、上:DP2 Merrill、下:DP0 Quattro)

今日も暖かい。
久しぶりに、西の空が赤く燃えあがった。
折り畳みの椅子を持っていったので、波打ち際で椅子にすわり、
闇が降りるまで、ぼんやり空を眺めたり、シャッターを切ったり。

今日から冬至に入る。
太陰太陽暦では、一年を四つにわけた重要な節目が、冬至と夏至である。
これを二至(にし)という。
あと二つは、春分と秋分で、これを二分という。
これらを合わせて、二至二分という。
七十二候も、あますところ八候、すなわち二節気となった。

最近は、なんだか、1月1日から12月31日というグレゴリオ暦より、
2月4日立春〜1月20日(〜2月3日)大寒のほうが、好きになってきた。
自然をあやつろうとするのではなく、自然に寄り添う暮らしのほうが
心地良いことに気づいたのである。

晩冬/冬至/初候(64候:12月21〜25日)
夏枯草、生ず。
日の出  6:47(前日  6:46)
日の入 16:33(前日 16:33)

posted by サンシロウ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月20日

雲を眺めに逗子海岸 No.1130/2016.12.20(火)

1130-16-12-20-SDIM6588.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

早春のような陽気だ。
浜辺で頬にあたる微風が、寒くなく、心地よい。
それにしても、こうも雲が出払っていると、打つ手なし、だ。
仕方なく、浜辺の南側(左側)へ富士を拝みにゆく。
富士もなんだか、手持ちぶさたのようだ。
今日で大雪もおわり、明日から冬至の節に入る。

初冬/大雪/末候(63候:12月16〜20日)
鮭の魚、群がる。
日の出  6:46(前日  6:46)
日の入 16:33(前日 16:32)

posted by サンシロウ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1129/2016.12.19(月)

1129-16-12-19-DP0Q4733.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

今日も暖かい一日だった。
11月の陽気だという。
小春日和、といえばいいか。
夕暮れどきの雲も、梅か桜が咲いたような形をしていた。
明後日には、冬至に入る。
冬も気合いを入れ直してくるにちがいない。

初冬/大雪/末候(63候:12月16〜20日)
鮭の魚、群がる。
日の出  6:46(前日  6:45)
日の入 16:32(前日 16:32)

posted by サンシロウ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月18日

雲を眺めに逗子海岸 No.1128/2016.12.18(日)

1128-16-12-18-SDIM6516.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

今日は、暖かい一日だった。
雲が少ないときは、空が手持ちぶさたで、
富士を眺めにいくことが多い。
今日の富士は、散髪あとのように、なぜかすっきりした印象だ。

日曜のせいか、浜辺には人が大勢いる。
すでに日の入りは3分ほど伸びている。
日の出は、冬至ころまで、まだ遅くなる。
暖かいのと、かすかに日が延びたせいで、
冬が終わり、春がきたような錯覚を覚える。
だが、寒い冬は、まだまだこれからだ。

初冬/大雪/末候(63候:12月16〜20日)
鮭の魚、群がる。
日の出  6:45(前日  6:45)
日の入 16:32(前日 16:32)

posted by サンシロウ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1127/2016.12.16(金)

1127-16-12-16-SDIM6466.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

凍りつくような夕暮れ。
じっと座っていると、そのまま固形物になりそうだ。
深い冬の底が広がる。

JR逗子駅前のロータリーの一角にある書店が、今月いっぱいで閉じるという。
駅と書店のペアは、なくてはならないもののように思える。
旅に出て、ひなびた駅に降り立ち、駅前の小さな本屋をみつけると、
買うつもりもないのに、ふと、立ち寄ってしまう。
文化といった抽象的なものではなく、人の暮らしのよすがが、
棚と棚のあいだに漂っているような気がする。
残念でならない。
だが、そんなふうに嘆く私も、ほとんどの本を、オンライン書店で買っている。
もはや、小売りという機能だけで実店舗の書店を運営するのは、
困難な時代になってしまったのだろうか。
本から漂ってくる喜びを活かす、なんらかの価値がまだ眠っているような気もする。

初冬/大雪/末候(63候:12月16〜20日)
鮭の魚、群がる。
日の出  6:44(前日  6:43)
日の入 16:31(前日 16:31)

posted by サンシロウ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月12日

雲を眺めに逗子海岸 No.1126/2016.12.12(月)

1126-16-12-12-SDIM6424.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP2 Merrill)

今日も、冬らしい一日。
珍しく、茜色に染まることもなく、重量感のある雲が流れてゆく。
モノトーンな世界も、なんとも味わい深い。
背後には、満月まぢかの月が、薄い雲におおわれている。

初冬/大雪/次候(62候:12月11〜15日)
熊、穴にこもる。
日の出  6:41(前日  6:40)
日の入 16:30(前日 16:30)

posted by サンシロウ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2016年12月11日

雲を眺めに逗子海岸 No.1125/2016.12.11(日)

1125-16-12-11-DP0Q4564.jpg
(写真をクリックすると拡大します/シグマ、DP0 Quattro)

やや雲が多く、ゆっくりと形をかえて流れてゆく。
大雪も次候に入り、指の芯まで寒さが侵入してくる。
でも、それが心地よい。
静かな冬のなかで英気をやしない、春を想う。

初冬/大雪/次候(62候:12月11〜15日)
熊、穴にこもる。
日の出  6:40(前日  6:40)
日の入 16:30(前日 16:30)

posted by サンシロウ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸