2019年02月23日

雲を眺めに逗子海岸 No.1369/2019.2.22(金)

1369-19-02-22_DP0Q9075.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

春が大きくなった。
頬をなでる北風は、すこし冷たいが、ここちよい。
大寒のときは、はやく家に戻りたいと思うときもあるが、
きょうは浜辺にいても苦にならない。
風景の輪郭が丸みをおびていて、やさしい。

雨水/初候(4候:2月19〜23日)
土脉(どみゃく)潤い起こる。
日の出  6:20(前日  6:21)
日の入 17:29(前日 17:29)

posted by サンシロウ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月21日

雲を眺めに逗子海岸 No.1368/2019.2.21(木)

1368-19-02-21_DP0Q8934DP0Q8986.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

きのうは4月の暖かさだった。
春がちょっとだけ、愛嬌をふりまいて引っ込んだ。
きょうは、たっぷりと雨をため込んだ雲が広がる。
水のかたまりが空に浮いていると思うと、不思議な気分になる。
ときおり、雲のすきまから、春の淡い青い空が顔をみせた。

雨水/初候(4候:2月19〜23日)
土脉(どみゃく)潤い起こる。
日の出  6:21(前日  6:22)
日の入 17:29(前日 17:28)

posted by サンシロウ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月19日

雲を眺めに逗子海岸 No.1367/2019.2.18(月)

1367-19-02-18_DP0Q8934.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

だいぶ春めいてきた。
きょうで立春もおわり、明日から雨水だ。
律儀というべきか、明日の夜に、雨の予報が出ていた。
初冬とは逆に、ひと雨ごとに暖かくなってゆく。
テレビでは、あっという間に、桜の開花で騒ぎ出すだろう。
じっさい、今日は、川津桜のニュースを流していた。

立春/末候(3候:2月14〜18日)
魚、氷を上る。
日の出  6:25(前日  6:26)
日の入 17:26(前日 17:25)

posted by サンシロウ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月16日

雲を眺めに逗子海岸 No.1366/2019.2.16(土)

1366-19-02-16_DP0Q8843.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒さが少しゆるんだ。
きょうも、海は静かだ。
雲のすきまから夕陽が顔をだした。
夕陽があっという間に沈んでゆく。
いつも感じるのは、太陽は、つまり地球は、おもいのほか
早く回っているということだ。
もし自転がとまったなら、ぼくらは一日をどう区切るのだろうか。
永遠につづく昼だけの世界、夜だけの世界。

立春/末候(3候:2月14〜18日)
魚、氷を上る。
日の出  6:28(前日  6:29)
日の入 17:24(前日 17:23)

posted by サンシロウ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月15日

雲を眺めに逗子海岸 No.1365/2019.2.15(金)

1365-19-02-15_DP0Q8819.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

午後、雪がちらつくが、積もるまでには至らなかった。
さすがに浜辺は寒く、二枚重ねの手袋の指先が痛い。
空はどんよりと雲に覆われていた。
海は静かで、大きな渡り鳥が一羽、目の前の波打ち際に降り立ち、
しばらく沖のほうを眺めてから、ゆっくりと浅瀬を歩いていった。
水の中だぞ、寒くないのか、思わず呟いた。

立春/末候(3候:2月14〜18日)
魚、氷を上る。
日の出  6:29(前日  6:30)
日の入 17:23(前日 17:22)

posted by サンシロウ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月14日

雲を眺めに逗子海岸 No.1364/2019.2.14(木)

1364-19-02-14_DP0Q8741.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒い日がつづくが、空は春色。
夕暮れどきには、潮がだいぶ引いていた。
小さな波がなめるように岸へ寄せてくる。
立春がおわる週明けから、だいぶ暖かくなりそうだ。

立春/末候(3候:2月14〜18日)
魚、氷を上る。
日の出  6:30(前日  6:31)
日の入 17:22(前日 17:21)

posted by サンシロウ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月12日

雲を眺めに逗子海岸 No.1363/2019.2.12(火)

1363-19-02-12_DP0Q8674.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

寒いことは寒いのだが、からだの芯まで凍らせるほどではない。
きょうも、厚いくもが垂れこめているが、やはり春の色合いだ。
海は静かで、きょうはとりわけ、水が澄んでいた。
大きな渡り鳥が一羽、必死に羽ばたきながら北へ飛んでいく。
寝過ごして、おいてけぼりをくったのだろうか。

立春/次候(2候:2月9〜13日)
うぐいす、鳴く。
日の出  6:32(前日  6:33)
日の入 17:20(前日 17:19)

posted by サンシロウ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

雲を眺めに逗子海岸 No.1362/2019.2.11(月)

1362-19-02-11_DP0Q8593.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

立春も、はや次候に入った。
大寒のような寒さがつづく。
でも、空は確実に春の様相を呈している。
乳白色におおわれた白い夕暮れも、なかなかに味わい深い。

立春/次候(2候:2月9〜13日)
うぐいす、鳴く。
日の出  6:33(前日  6:34)
日の入 17:19(前日 17:18)

posted by サンシロウ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月09日

雲を眺めに逗子海岸 No.1361/2019.2.8(金)

1361-19-02-08_DP0Q8512.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

おだやかな夕暮れ。
冷たい北風が、頬を通りすぎてゆく。
帯状の雲が西へ延びている。
飛行機雲によって生まれた雲だろうか。
だとすると、天気は下り坂ということになる。
北海道をはじめ、関東まで、強烈な寒波におおわれるという。
都心でも雪の予報が出ていた。
まだ冬は元気だが、ぼんやりと霞んだ三日月は、春の装いだ。

立春/初候(1候:2月4〜8日)
東風、凍りを解く。
日の出  6:36(前日  6:37)
日の入 17:16(前日 17:15)

posted by サンシロウ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸

2019年02月08日

雲を眺めに逗子海岸 No.1360/2019.2.7(木)

1360-19-02-07_DP0Q8506.jpg
(写真をクリックすると拡大します/SIGMA DP0 Quattro)

荒れ模様の夕暮れ。
南西の風、風力7メートル。
立春を過ぎると、空に動きが出てきた。

三脚を押さえていても、強い風で写真機が微妙に揺れる。
レンズは、あっというまに潮の粒におおわれる。
あとで掃除が大変だが、荒れた風景にはなぜか心惹かれるものがある。

立春/初候(1候:2月4〜8日)
東風、凍りを解く。
日の出  6:37(前日  6:37)
日の入 17:15(前日 17:14)

posted by サンシロウ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★雲を眺めに逗子海岸